シェアハウスのあれこれ

シェアハウス暮らしできっちり守っておきたいゴミ出しのルール

シェアハウスでは、生活における様々なことを住人が協力して行うことになります。共有部分は皆で使うことから、掃除やゴミだしは当番制で行うことになります。基本的に個室があり、プライバシーは守られています。個室でゴミが出た場合には、入居者が各自でゴミ袋を用意してゴミ出しまで行います。キッチンやリビングなど共有スペースのゴミ出しは、当番の人が行うので忘れない様にする必要があります。

シェアハウスのゴミ出しルールで一番多いトラブルは、当番の人がうっかりゴミ出しを忘れてしまうというものです。翌日朝早く出勤しなければならない、寝坊をしたなどの理由でゴミ出しを忘れてしまう人が多いのです。管理人がいるシェアハウスの場合、当番が忘れても管理人がゴミ出しをしてくれる場合があります。しかし多くの場合、ゴミ出しを忘れても特にペナルティはありません。気持ち良く過ごすためにも自分の当番の日は忘れない様にしましょう。

シェアハウスでのゴミ出しで大変なのは、ゴミの回収時間が決まっているという点です。多くのシェアハウスではゴミ置き場が狭く、ゴミ出しの時間が8時~8時半までと決められています。翌朝出勤時間が早いから前の晩のうちに出しておくということができない場合もあるのです。また、地域によってはゴミの分別が細かく、ゴミ出しの際に手間取ることもあります。シェアハウスを選ぶ時には、掃除やゴミ出しルールをしっかりと確認しておきましょう。