シェアハウスのあれこれ

シェアハウス物件の種類

シェアハウスと一言でいっても、その種類にはいろいろあります。入居者の利用目的に合わせて、少人数で利用できるものから、大人数で共同生活を営むタイプのものまで、選択肢は多岐にわたります。今回は、そんなシェアハウスの種類についてまとめました

シェアハウスには、マンションタイプ、一戸建てタイプ、所有者の自宅タイプの3つに分けられます。順に見ていきます。まずはマンションタイプです。これは、シェアハウスの中でも比較的少人数利用を目的としたタイプになります。部屋にもよりますが、二人から利用可能です。マンションタイプでは、2LDK以上の部屋をシェアハウスとして提供されているので、割安でかつ広い部屋に住みたいと思っている方に利用されています。

一戸建てタイプは、物件の規模によりますが、大人数での利用が可能なシェアハウスです。マンションタイプとは違い、一戸建てをそのまま利用するので、様々な設備がそろっています。最後は所有者の自宅タイプです。物件は一戸建てなのですが、管理している人がその物件の所有者というところに違いがあります。一戸建てを所有している人が、空いている部屋を利用者に貸し出すという形をとります。物件自体は一戸建てが多いです。