シェアハウスのあれこれ

シェアハウス生活を送る上で注意すること

シェアハウスの特徴は、言葉通りに家をシェアしている点です。そこは自分の家でありながら、何もかもが自由なわけではありません。たとえば、シェアハウスの場合は友人や恋人など誰か知り合いを宿泊させるのも、普通は控えたほうが良いです。そもそも契約の時点でどこまでOKなのかは決まっていますので、普通の自宅のように誰でも呼んで宿泊させて良いわけではありません。そこをよくわかっていなかったら、同居人や管理人に迷惑をかけてしまいます。

また、共有部分をなるべく綺麗に使わなければいけないのも、最低限のマナーです。自分の家ならどう使っても構いませんが、シェアハウスの場合はそういうわけにいかないです。特に共有部分はみんなが使うスペースですので、誰もが気持ち良く使えるようにしておかなければいけません。
自分勝手に使って後は知らないでは通りませんので、そうしたマナー違反はしないように注意が必要です。

場合によっては違う国の人も利用するシェアハウスですので、それらの人とトラブルにならないように気をつけなければいけません。シェアハウス内で人間関係のトラブルになれば険悪な雰囲気は避けられなくなってしまいますし、そうならないように気をつけないとシェアハウス生活は送れなません。