シェアハウスのあれこれ

シェアハウス選びで大切な運営事業者の質

シェアハウス選びをしようとする際には、共有設備や居室、立地、費用などの要素をチェックすることが大切ですが、実は最も重視するべきなのが運営事業者です。なぜなら運営事業者がそのシェアハウスの管理体制を一手に仕切っているからです。その運営管理者が、利用者が安心して居住することができるルール作りを適切に取り決めてくれ、且つ設備の色々な面のメンテナンスも頻繁に行ってくれているようであれば、そのシェアハウスはとても快適な住み心地になる可能性が高いでしょう。
逆に運営事業者が独特な性格や考え方の持ち主で、様々な制限を伴う利用ルールが取り決められていたり、メンテナンス頻度が不定期であったりした場合には、決して満足の行く住み心地を期待することは出来なくなります。
では、入居を決める前にどのようにして運営事業者についての情報を収集すればいいのかというと、まずは物件を管理する担当者が定期的に訪問しているかを確かめましょう。訪問頻度の高さはその物件に対する意識の高さの反映でもあります。
また、訪問時に入居者の不満や心配事などを把握しようとし、その改善や対応のために具体的な行動を起こしているかという点にも着目するべきです。こういった訪問頻度や行動の内容などを参考にしながら事業運営者の質を判断することがシェアハウス選びのポイントになります。