シェアハウスのあれこれ

ルームシェアとの違いについて

シェアハウスとルームシェアの違いについて、ご紹介や説明をしていきます。 ルームシェアというのは、一つの場所を共同で借りて一緒に生活を行うことを言います。家賃や公共料金の支払い、生活をする場所の双方の話し合い。ルームシェアにおける事の管理等を全て自らが行っていかなければなりません。 不動産会社で住む場所を借りることは同じですが、そこからは不動産会社が介入することは、まずありません。自己責任の上での共同生活がルームシェアになります。 加えてシェアハウスというのは、物件の維持や管理、入居者の管理を行う運営事業主が存在します。シェアハウス1件につき、最低でも1人の専属のスタッフがついています。問題があれば迅速に対応をしてくれるのが、シェアハウスで住んでいる、選ぶ指標や安心感に繋がっています。運営会社は大手の会社から、個人事業主まで幅広くありますが、大手だから良いというわけだはないのです。 シェアハウス自体の清潔さや雰囲気、対応力等を考慮して選んで下さい。 シェアハウスとルームシェアの違いは、大きく分けると運営や管理を誰がするかにあります。また、何か事が起こった時の対応の速さや安心感といった利点もありますが、ご自身に合った生活のやり方が一番だと思います。 ルームシェアかシェアハウスどちらが合うのかを把握することも大切です。