シェアハウスのあれこれ

一人で住むにはさびしい人はシェアハウス

シェアハウスは家をそのまま他人と合同で住むことで部屋以外は共同で生活します。

そのため同じ家でありますがどちらかと言えば家族みたいな付き合いになってくると思います。

アパートなどもそうですがやはり親密度が違います、部屋の一つ一つが兄弟のようなものだと思っていればいいです。

年齢や住んできた環境などまるで違っていますがでもひとつ屋根のした合同で生活して人のぬくもりのある生活ができるのはとても充実しているのではないかと思います。

新しく兄弟ができたと思っていればいいですね、困ったことがあれば手を助けてくれますし食事なども差し入れを上げたりでもしっかりプライベートは確保して私生活は大事にしたいなど思っている人はいいでしょう。

どちらかというと大学や高校の寮だと思っていただけたらよいですね、最近はアパートでも隣の人が誰が住んでいるか分からないことがあります、でもシェアハウスは身分を大家が把握している場合があり、ある程度信用できますのでぜひひとつ家族経験を味わうには向いていますね。

疑似家族ですし疑似兄弟など人のぬくもりがあるのでこれは新しい家族スタイルになってきているのだと思います。

部屋のドアを開けるとそこには誰かがいるので安心できますね。