シェアハウスのあれこれ

交流を期待するよりも

シェアハウスには半年ほど滞在していましたが最大のメリットは敷金礼金が無く、家具家電が備え付けられていて、普通に一人暮らしするよりも持ち込むものも手続きも簡単と言う事です。交流して一番感じたギャップは、交流があまり期待出来ないと言う事で、私が滞在したシェアハウスの住人はあくまで一人暮らしの費用を貯蓄する為とか、何か夢の為にやむなくそうしてるだけであってと言う方が殆どでした。

年齢層は20代から30前半の若者が多く、中高年の方は一人も居ませんでしたし滞在する方の大半が1年で退去します。
なので話しかけても挨拶程度でそこまで話したがる人も居ない印象がありました。
私自身も交流よりは生活費を安く済ませると言う事が理由でしたがせっかく他人同士で同居しているのにちょっと寂しいなぁと思ってしまいました。
デメリットとしては水回りの汚さでした。

どうしても誰かが汚してしまうのでそれを見るのが耐えられず自分が自主的に掃除してしまう事がありました。
決して潔癖症ではありませんが普通の人ではちょっと耐えられない事を目にしてしまう事がかなりあるので大目に見る心の寛容な人で無いとシェアハウスに居る事を苦痛に感じ外に出る様になってしまうかもしれません。