シェアハウスのあれこれ

他人との交流を重視する人にとって魅力的なシェアハウス

シェアハウスでは複数人が一つの家で暮らす形で生活します。全く知らない人と一緒に暮らすこともあれば、友人同士で一つの家で暮らすという形もあります。どちらでも同じようにシェアハウスと呼ばれます。シェアハウスを利用する人は一人暮らしをするために家を出たはいいものの、家賃という壁が高く、長く一人暮らしが出来なくて困っている人などが該当します。

シェアハウスでは一つの家で複数人暮らすのですが、基本的には一室が自分の部屋として利用します。共同部屋は誰でも利用しますが、個室は人それぞれに与えられます。その上で家賃は暮らしている全員で分割されるので、ただ一人暮らしをするよりも家賃が安く済むことが多いのです。

また、シェアハウスでは他人同士で暮らすので、常に交流が行われます。家事を分担して行いますし、何をするにしてもそこには誰かがいることが多いでしょう。それぞれが別の仕事をしているでしょうから、普段は出会うことのない職業の人と常に顔を合わせることになります。それによってあまり知らないことを知る機会を得られます。それが人生に刺激を与え続けることになるでしょう。家賃に困った人、あるいは普段知りあえない人と知り合いたい人にとってシェアハウスはとても魅力的な生活形態といえるのです。