シェアハウスのあれこれ

何が必要?シェアハウスで暮らす上での協調性と最低限のマナー

シェアハウスで暮らすことは、一人暮らしより魅力的です。簡単に言えば家賃や光熱費が折半で済みます。個室がある場所では家賃や敷金や礼金などは最初に定められているのでそちたに目を通しましょう。シェアハウスでは全国から色んな人が集まり、一緒に暮らしています。日本人だけではなく、時には海外の人とまで共同生活をしなければなりません。どうしても言葉の壁や文化の壁が出てきます。

そういった点も皆で解決していくのがシェアハウスの醍醐味とも言えます。シェアハウスの良さはやっぱり、同居人との距離の近さです。最初は全くの初対面の人でも一緒に暮らしていくとその人の人となりが見えてきて、仲良くなったり、逆にトラブルに発展してしまうケースもあります。

そこも放置せずに話し合って決めたり、時には一緒に暮らしていくために改善策を練ったりとシェアハウスは全てにおいて共同して取り組むことが求められます。生半可な気持ちで入居してしまうと、トラブルを巻き起こす原因になりますので、協調性が無い方であればシェアハウスは難しいかもしれません。人と関わるのが好きな方、ルールをしっかり守れて真面目に生活をしていける方であれば、誰でもシェアハウスはできます。人間として常識があれば、誰だって歓迎してくれますよ。