シェアハウスのあれこれ

全国のシェアハウスの分布や数について

シェアハウスは日本ではまだあまりなじみがない部分がありますが、シェアハウスは今後外国人が旅行などできていたりお金があまりない人にとっては利用がされやすい便利なものになっていくと思います。 では、そんなシェアハウスは全国的にどれくらいの数がどこにあるのでしょうか?2015年くらいの統計ですと、シェアハウスの数はおおよそ3000件弱くらいあるといわれています。シェアハウスの立地状況の分布については、東京都とその周辺の県が立地状況の大半を有している状況で、東京都が2000件近くのシェアハウスを有しており、ついで神奈川県が300件程度、千葉や埼玉が100件強といった感じです。また、大阪や愛知といった都市圏には幾分かシェアハウスが集まっているような感じではありますが、地方の都市にはシェアハウスといったものはほとんどなく、和歌山や鹿児島県といったところではそういったものがないくらいです。シェアハウスは都市部と地方では大きな差があり、人口が多く住宅環境が狭い都市部と、人口が少なく広い地方では大きな差があります。 まだまだシェアハウスは大きな市場とまでは言いにくいですが、これから色々な人が来ることやニーズの多様化などによって広まりを見せるのではないかと考えられます。