シェアハウスのあれこれ

共同使用で生活費の無駄を省くことができるシェアハウス

シェアハウスの最大のメリットとも言えるのは家賃が少なくて済むというところです。都内など比較的家賃が高い場所でも半分または住人で割った金額で済むため、通常では考えられないような費用で生活をすることができます。また費用面では他の部分でもメリットが大きく、通常の一人暮らしと比べると家賃以外の生活費も節約することができるケースもあります。

生活費として考えられるのが水道光熱費などの経費です。これらも一人暮らしの場合にはすべて自分で支払うことになりますが、シェアハウスでは住人それぞれが電気やガス、水道を使っているため共益費としてあらかじめ徴収しておいた費用の中から支払われるなどの仕組みをとっているところもあります。共益費には他にもネット環境の費用や住人が共同で使用する日用品、掃除などの費用が含まれていることもあり、シェアハウスによって差異があるためどこまでが共益費の範囲なのか事前に確認しておくことも大切です。

また生活費として忘れてはならないのが食費で、食費に関しては住人の生活リズムなどもあるため自分のものは自分で作るといったスタイルをとっているところも多くあります。食材は実費になることもありますが、キッチンや冷蔵庫などは共同であることも多いので共同で使用できる調味料や食材などは折半して購入するといったケースもあります。あらゆる面でシェアができるため生活費の面で無駄がなくせるというのがシェアハウスのメリットと言えます。