シェアハウスのあれこれ

共同生活としてのシェアハウスのルール

シェアハウスには、多くの人間が快適に暮らすために、共同生活としてのルールが存在しています。たとえば、共用設備については、風呂場は1回30分までといった、具体的なルールが設けられている事例が多いです。一般的なマナーを守ることも重要で、共用設備を使用した後は簡単に清掃しておく、汚い使い方はしないことも、トラブルを避けるために欠かせない配慮となります。

注意点はすでに長く暮らしている住人によるローカルルールであり、明確に定義されてはいないが、暗黙の了解として守らなければいけない領域があるシェアハウスもあります。管理している不動産会社が毅然と対応してくれれば良いのですが、入居者同士のトラブルは基本的に話し合って解決して欲しいというスタンスのところもよくあるので、上手くやっていけそうな住人が多いシェアハウスであるかどうかも、成否を分ける大きな要素です

誰もが納得できる明快なルールが定義されているシェアハウスであるほど、それを守れる人間だけが長く暮らしているから、内覧でしっかりと雰囲気と様子をチェックしておきましょう。家族ですら同居していると揉めやすい部分については、やはり共同生活としてのルールがきちんと明記されている方が安心です。