シェアハウスのあれこれ

共有スペースを利用するシェアハウス

最近若者に人気のシェアハウス。その仕組みは一体どうなっているんでしょう?シェアハウスは、ひとつの賃貸住宅に「共有スペース」と「プライベートスペース」を設け、複数の人と同じ屋根の下で共同生活を送る、新しい考えの暮らし方。住人同士で共有スペースをシェアしながら、ゆったりと暮らします。

シェアハウスにおける共有スペースはリビング・キッチン・トイレ・バスルームなどです。物件によっては洗濯スペースや屋上などが共有スペースになっている場合もあります。「プライベートスペース」は個人の部屋のこと。1人で使う個室タイプや、2人以上で使う相部屋タイプもあり、物件によって様々です。ルームシェアと異なる点は、物件の維持・管理と入居者の管理を行う運営事業者がいる点です。

入居者はそれぞれ個別に運営事業者と賃貸借契約を交わします。その際、デポジットと呼ばれる保証金を預けるスタイルが主流。デポジットとは敷金・礼金の代わりで、退去時には返却される契約になっている場合がほとんど。部屋の設備を破損するなどした場合に返却されない契約もあります。当然、デポジットの他に月額の家賃も支払います。家賃の相場は一般の賃貸と同様で、立地や設備などによって増減します。