シェアハウスのあれこれ

初期費用を節約できるシェアハウス

シェアハウスは、多くの住人が物件の維持に必要なコストを負担し合っているので、1人が支払う金額は通常の賃貸物件よりも割安です。最も差がつくのが入居時であり、契約時にかかる費用としての保証金や礼金、自分で使用する家電などの様々な費用をカットできます。管理会社に預ける保証金としても、一般的な賃貸借契約に比べて格安であり、まだ経済力があまりない学生や、すぐ入居できる安い物件を探している方にも人気です

自分だけが立ち入れる個室においても、原則的にデスク等の家具が一式揃っているので、まさに手荷物だけですぐに暮らせます。これから初めての一人暮らしになるケースや、長距離の引越しになるから現在の家具などをいったん処分してから動きたいケースでは、とりあえずの1年間ぐらいの住居として大いに役立ちます。

相部屋になることが多いゲストハウスとは違い、管理している不動産会社と契約を結んだ上での入居だから、常に人が入れ替わって、他に誰が住んでいるのかも分からない恐れはありません。これまでの荷物を抱えての引越し代や、家具家電を購入する費用をほぼ丸ごと節約できるので、とにかく安い家賃で暮らしたいニーズから、見知らぬ土地へ引越すから早く友人を作りたいニーズまで、幅広く対応しています。