シェアハウスのあれこれ

可能性が広がる!シェアハウス生活

4年間同棲していた彼との別れをきっかけにシェアハウスに住み始めました。個人の外国人オーナーさんがやっているシェアハウスで、3LDKくらいの部屋に3人で住んでいました。20歳~35歳くらいまでの女性限定、外国人留学生も住んでいて、今まで接したことのない方との共同生活は少し新鮮でした。

共用部の掃除は気づいたら誰かがやっておりましたし、台所やお風呂の順番も自然と決まっていくような感じで、とても協調性が養われたと思います。みんなで出掛けたり、夕飯を一緒に食べたり、シェアハウスをきっかけに友達にもなれました。お酒を飲んだ帰りにみんなで同じ家に帰れることがとても幸せでした。

外国人留学生とは言葉を教えあったり、彼女の作る夕飯を食べたりと国際的な交流もこのシェアハウス生活ならではですね。カレーを作ってくれたのですが、やはり日本の物とは全然違い、味はとてもスパイシーで大きめの具が大胆に入った魅力的なカレーでした!

穏やかな日常の中で、他人とも身内とも呼べない同居人という方たちとの日々は、それまでワガママで甘ったれだった私を自然と大人にしてくれました。3年後、私は一人で暮らすためシェアハウスを卒業しました。あの頃の経験が公私ともに役立ってます。自立への第一歩におすすめです。