シェアハウスのあれこれ

多世代が利用するシェアハウスで価値観を広げよう

若者に人気のシェアハウス!という売り込みやイメージが強いシェアハウスを利用した暮らしですが、もちろん居住者を若者に限定しているわけではありません(但し、そのようなコンセプトのシェアハウスもあります)。シェアハウスによっては多世代の居住者を抱えるものもあり、親と子ほどに歳の離れた方々が一緒に暮らしているというハウスも多く存在しています。

生活リズムが異なるためお互い全く顔を合わせない、という住人もいれば、共有スペースでくつろぎながら世代を超えた会話を楽しんでいる住人もいます。多世代の人間が集まって話をする機会は、日常生活の中でなかなか経験できないもの。仕事でもなく、家族のような深いプライベートを共有するわけでもない絶妙な関係性は、シェアハウスという場所ならではです。

このような多世代の方々が住むシェアハウスは、日常会話だけでも自分の価値観が広がるような、素晴らしい経験ができることもあります。年上の意見、年下の意見。自分が当たり前だと思っていたことが、覆されるかもしれません。様々なコンセプトのシェアハウスがありますが、このような多世代がクラスシェアハウスも魅力があり、人気が高まっています。気になる方はぜひ探してみてください。