シェアハウスのあれこれ

実際に住んだ感想と住もうとしている人へ

私は一人暮らしをする際、お金の節約のためにとシェアハウスに住むことにしました。学生時代に寮に住んでいたことがあり、他人と一つ屋根の下に暮らすことへの不安はありませんでした。この時に、シェアハウスは他人に興味があまりない人、もしくは神経質にならない人がシェアハウスに向いていると思いました。僕が住んだところは、シングルルームタイプであり、ある程度のプライベートは確保されていました。

他にもドミトリータイプなどの他人と部屋を共有するシェアハウスもあるので、契約内容はよく見たほうがいいと思います。生活自体は料理しているところを他人に見られる、お風呂やトイレは人が入っていないときを見計らっていかなければいけないところ以外は普段の生活とあまり変わりませんでした。一人で勝手に自由気ままに生活したいという方は、他人の目があり行動が制限されるシェアハウスは向いていないと思います。

シェアハウスの暮らしは悪いものではなかったですが、一つだけ難点がありました。それは窃盗です。他人と暮らしているのでつい共同部屋に物を忘れてしまうと、気が付いた時になくなってしまう時があります。私の場合はそのようなことはなかったですが、冷蔵庫の食材や料理が盗まれてしまうということがありました。なのでこれから住む、または住んでいる方は自分のものを守る万全の用意をしたほうがいいと思います。