シェアハウスのあれこれ

念願のシェアハウス!輪の中に自然に溶け込める挨拶とは?

賃貸住宅やマンションに引っ越した際は、両隣のお部屋、さらに上下階のお部屋の住人に挨拶をするのがマナーです。では、シェアハウスの場合はどうなのでしょうか?ここでは、シェアハウスの入居の際に挨拶は本当に必要なのかというところから、「挨拶のマナー」についてご紹介していきます。

結論から言うと、シェアハウスの入居の際ももちろん挨拶は必要です。しかしシェアハウスの住人とは普通の住宅と違い少し近くて、ただの隣人という関係性ではありません。なので、まずは慎重にコミュニケーションを取らなければならないと考えがちですが、実際はそうでもありません。シェアハウスはさまざまなタイプがありますが、中には50人規模のシェアハウスなんかもあります。その一人ひとりに挨拶をしていくとしたら、かなり時間がかかってしまいます。

そのようなタイプのシェアハウスの場合、自分が住む階にトイレやお風呂などの共有スペースがあるのであれば、同じ階の住人には挨拶をしておいた方が良いでしょう。シェアハウスに住んでいる方はさまざまなライフスタイルの方ばかりなので、一人ひとりに挨拶をしていくよりも、リビングなどの共有スペースに菓子折りなどをそっと置いておき、一言挨拶を添えているだけでかまいません。シェアハウスは外国人の方が入居しているところもありますし、初めからマナーに口うるさく言う方はあまり居ませんので安心してください。