シェアハウスのあれこれ

性別や年齢に関係なく利用できます

シェアハウスは、基本的に性別や年齢に関係なく利用する事が出来ますが、最近は子供を連れた他人の親同士が生活する事も稀ではなくなりました。日本は古来は親等としての枠組みで生活を行う事が当たり前で、21世紀に突入する前は核家族として生活するシステムが主流でした。基本的に生活に関しては、一時的に他人の子供と寝泊りをする事はあっても、核家族においては長期的に他人の子供と生活することはありませんでした。

近年は家族の1世帯向けのシェアハウスが流行になっていて、世帯同士で同じ建物の中で住める仕組みが形成されています。メリットとして他人の子供と一緒に生活をする事によって、1人でいるよりも楽しさが倍増する事です。近年は1人でゲームで遊ぶ子供が多くなっている中で、シェアハウスを利用して普段の生活では子供同士が楽しく遊べる事が良いです。

シングルマザーや1人暮らしの中高年者などが集まって、1つの住居で住む事も稀ではありません。孤独で生活していて万が一の病気になって倒れた場合は、誰も面倒を見てくれません。中高年者やシングルマザーなどの身に何かあった場合、シェアハウスとして一緒に生活をしていると万が一の時に倒れた場合に一緒に住んでいた人が気付いて、助かる可能性が高くなります。