シェアハウスのあれこれ

悩むシェアハウスの契約期間!最初は短めがおすすめ

シェアハウスというと一つの建物を何人かでシェアして住む方法です。各部屋は独立していますが、キッチンやバス、トイレといったところは、共同であることがほとんどです。そのため住んでいる人と共同生活を進めていく必要があります。そんなシェアハウスに入る時には、まず契約を結ぶということが必要となります。その契約を結ぶ際の契約期間についてご紹介していきます。

シェアハウスというのは、自分が入居するときに、もう既に住んでいる人がいる時もありますし、反対に誰もいなくて、あとから住民が入ってくるということもあります。どんな人であっても人間関係は構築していかなければいけません。その際に大切なのは相性です。相性があえばいいのですが、相性が合わない場合は、シェアハウスの生活も苦痛になってしまうことも。そんな誰がいるか分からない、相性がわからない状態で入居するので、はじめは契約期間を短く設定しておいた方がいいでしょう。

シェアハウスというのは、契約期間が満了したら更新することもできます。そのため始めは契約期間を短くしておいて、住民と相性が良いと感じたら、更新をすることは可能です。むしろその方が安全策です。どんな人がいるのか分からない、だからシェアハウスに入居する楽しみというのがあるのですが、快適な生活をするためには相性が大切なので、短め契約期間から始めることが安心です。