シェアハウスのあれこれ

数か月程度の契約期間で入居ができるシェアハウス

一般的なマンションやアパートなどの賃貸物件の場合、その契約期間は一年以上ということが多く大半の物件では二年契約となっています。それに対してシェアハウスの契約期間は比較的短期間で物件にもよりますが数か月程度となっています。そのため、シェアハウスでは自分の気分や都合に合わせて住まいを替えるということが比較的容易にできるようになっています。

シェアハウスの契約期間は数か月程度となってはいますが、契約期間が切れた後は入居者の希望次第では再び契約をし直すことができ、シェアハウスの入居者の中には同じ物件で長い期間生活をしている人も少なくはありません。ただし、契約途中での解約についてできないという物件がほとんどなので、入居後に何か人間的なトラブルがあったとしても、それを理由に解約ができない点には注意が必要です。

シェアハウスの契約途中での解約はできない物件がほとんどだというのは前述したとおりですが、絶対に解約ができないというわけではなく法律によって強制的に解約をできるケースもあります。ただし、法律によって強制的に解約をして入居をしていたシェアハウスから退去をした後であっても家賃の支払いがなくなるわけではありません。契約満了までの家賃は支払う必要があります。