シェアハウスのあれこれ

新生活にシェアハウスという選択肢

新生活を始める時に、新たな物件を探すことがあると思います。よほど余裕がない限り、なかなか購入とはいきませんよね。当然賃貸になると思うのですが、ちょっと目線を変えて「シェアハウス」で、ルームシェアの形を取って見ては如何でしょう。
シェアハウスの利点は、敷金礼金が少なくすむことや、家具家電も付属の場合があったりして、初期費用を抑えられます。多人数で住むことになるので、光熱費などの個人負担も減ります。多様な人種が集まるので、良くも悪くも出会いがあるので、運が良ければ恋人もできるかもしれません。また、物件によっては共用施設が豪華なもののあったりもするようです。他にも大勢で過ごすので、セキュリティの面の安心感もあるでしょう。
シェアハウスの問題点は、他人との共同生活なので、寮などの経験があれば問題ないかもしれませんが、一人暮らし、または実家でしか暮らしたことが無い場合は大変かもしれません。生活スタイルの違いから、共有スペースの使い方、騒音、生活音、そりの合わない人もいるかもしれません。場合によっては窃盗などの被害が発生することもあるそうです。それと、シェアハウス自体が閉鎖する可能性もあります。
気ままに一人暮らしも良いですが、様々な出会いと、安全性、経済的な理由などから「シェアハウス」といった選択肢を選んで、ちょっとリッチな新生活を始めてはどうでしょうか?上手くすれば、少し貯金も溜まるかもしれませんよ。