シェアハウスのあれこれ

海外での韓国人10人!!

高校を卒業後、大学受験も済み、第一志望の大学に落ちてしまった私。滑り止めの学校に行く気も起きず、どうしようかと毎日ぽけぇ~っと過ごしていました。そんな時に、親から「海外留学して来れば?」と話をされ「みんなと違うことしてたほうがカッコいいよね」と軽い気持ちで海外行きを決めてしまいました。向こうへ行ってからの2か月はホームステイをしていましたが、シェアハウスで生活をしてみることにしました。インターネットで検索するとたくさんの物件が出てきました。オーストラリアではシェアハウスはスタンダードな生活のスタイルなので抵抗もなく一つの物件に応募し、生活することが決定しました。
初めてその家を訪れると、出るわ出るわ、韓国人の男性が10人も出迎えてくれました。さすがに面食らってしまいましたが、オーロラタワーというマンションの54階だったので、我慢して生活することに。いざ生活をしてみると、やはり文化の違いを感じました。冷蔵庫に入れてある日本食もすべて食べられてしまいましたし、お風呂場に置いておいた日本製のシャンプーも、みんなの共同品のように扱われてしまい、3日ほどで空になりました。また夕方になると、みんなで筋トレを始めだします。徴兵令が韓国はあるので、そのためにトレーニングは欠かさないらしいです(笑)しかし韓国人の日本に対するイメージを知れたり、韓国の文化に触れてとても良い経験になりました。