シェアハウスのあれこれ

理想的な育児環境で過ごせる!家族向けシェアハウス

今の日本社会は少子化、しかも核家族化が進んでいるので、ファミリーが快適に暮らす場としてもシェアハウスが注目されるようになっています。シェアハウスは普通なら若い世代が入居して集団生活を送る場という意識がありますが、実はシェアハウス自体の形態も大きく変貌を遂げているのです。家族でシェアハウスというコンセプト自体とても斬新なアイディアのように見えますが、実際にはとても意味がある事なのです。

家族というと子育て世代のファミリーを意味する事が多いですが、実際には女性もしくは男性一人の手で子育てをしているシングルマザーやシングルファザーも含まれています。こうした人たちは大変な子育てを一人で背負っていかなければならずその負担ははかりしれません。ですが家族向けのシェアハウスを利用すれば、お互いに子育てを助け合っていけるので、親にとっては理想的な育児環境が得られるのです。

もちろん子供も家族用のシェアハウスに住むことによって他の居住者の子供たち同士とまるで兄弟のようにして成長していく事ができるのですからこれほど素晴らしい育児環境はありません。たとえシェアハウスでの生活が短期間であっても、その間に得た親子共々を含めた濃密な人間関係や、困った時、悩んだ時にお互い助け合ったこと、さまざまなサポートは一生の宝物になるはずです。