シェアハウスのあれこれ

田舎のシェアハウスに住むメリット

春は旅立ちの季節であり、それによって新しい場所での生活が始まるという方も多いでしょう。住居といっても様々あって、アパートでの独り暮らしをするのか、大人数でのシェアハウスをするのかなど色々な選択ができます。その中でも田舎のシェアハウスに住もうか悩んでいる方もいると思います。ここでは田舎のシェアハウスに住むメリットについてお話していきます。

田舎のシェアハウスでは大人数でのシェアハウスではなく、小規模なシェアハウスが多いため、住む人と仲良くなりやすいメリットがあります。大人数だと適度に色々な人と関わるため仲良くなれるのはなれますが、すぐにという訳にはいきません。小規模だと関わる回数が自然と増えるため、仲良くなりやすいのです。さらにその絆を深めやすいので、一生ものの出会いになる可能性も高くなります。

もう一つのメリットとして、田舎のシェアハウスだと家賃相場が都会よりも低くなります。都会は土地にお金がいるため必然と家賃が高くなる傾向があるのですが、田舎は土地費用が比較的安いため家賃も安くなる傾向があります。田舎のシェアハウスだと言っても様々なメリットがあり、バカにすることはできません。なので悩んでいる方はぜひ一度住まわれてみてはいかがでしょうか。