シェアハウスのあれこれ

異文化交流を楽しめるシェアハウスで中国語を学ぶ

日本国内だけでなく世界各国から旅行者や留学生が集まるシェアハウスは、異文化交流を楽しめる雰囲気のところが多くあります。パブリックスペースで、英語をはじめ外国語を学ぶチャンスがあるので、見逃せません。中国語は中国だけでなく台湾やシンガポール、東南アジアなど華僑と呼ばれる人たちが使う言語なので、旅行に便利な上に習得すると就職にも有利になります。

シェアハウスで外国人と積極的にコミュニケーションを取りたいと考えている人も多いと思いますが、中でも同じアジアの人間同士であれば、馴染みやすく感じるでしょう。特に中国語であれば初心者の人には、中国では簡体字で台湾では繁体字になるものの日本語と同じ漢字であり、筆談で会話できるので便利な外国語と言えます。日本語と意味合いが同じものもあれば、違っているものもあるので、文化の違いも楽しめます。

中国語をちょっと真面目にやってみようと考えている人には、シェアハウスはおすすめです。特に中国語には四声+軽音と日本人には少し難しい発音があるので、基礎が大切だと言われています。シェアハウスでは日本に居ながらにして生のサウンドを聞くことが出来ます。中華圏のお友達を作って、発音をチェックして貰うのもいいでしょう。相互学習で、互いに30分ずつ日本語と中国語を教えると言う交換条件を提示するのもいいかもしれません。