シェアハウスのあれこれ

私がシェアハウスで生活をして感じたこと

大学卒業後、しばらくの間シェアハウスで生活をしたことがあります。そこで今回は、私がシェアハウスで生活をして感じたことを以下に少しだけまとめてみることにします。はじめに強く感じたのは、シェアハウスでは色々な価値観を持った人たちと日常的に交流ができるということです。もちろん、交流が盛んなシェアハウスもあれば、そうではないシェアハウスもあるでしょう。
それぞれのシェアハウスのコンセプトによるところでしょうが、多様な価値観を持つ人たちと交流できる可能性があることは、私にとってはとても魅力的なものでした。また、生活スペースでシェアするところと、自分の空間の境界をある程度はっきりさせておいた方が暮らしやすいような気もしました。これもシェアハウスごとに特徴があると考えられますが、自分の空間をしっかりと持つことも大切じゃないかなと感じています。
その他にも、シェアハウスで生活をしたことで、多くの気づきが私の中にはありました。若い頃に経験したシェアハウスでの生活と、そこで得た気づきが、私の今の、そしてこれからの人生におおいに役立つものだと感じているところです。シェアハウスで生活をして良かったと、今振り返ってみて強く思っています。