シェアハウスのあれこれ

自分が忙しいならみんなで見守る!単身親世帯向けのシェアハウス

シェアハウスというと、若い独身の人が家賃を節約するために選ぶものというイメージがありますが、実はお子さん連れのシングルマザーやファーザー向けのシェアハウスが関東には存在しています。日本では片親だけで子供の面倒を見ている家庭が100万世帯を超えています。こういった家庭では、親が働きに出ている間、子供は一人きりになってしまいます。ある程度子供が大きいならともかく、未就学児童になると目を離すのは怖いですよね。

そういったシングルで子育てに奮闘する親御さんの要求を叶えたのが単身親世帯向けのシェアハウスです。ここでは同じ境遇の家族が入居しているので、お互いの事情がよくわかっています。そのため、自分が仕事に出なければならないとき、他の人に世話を任せたりといった、助け合いの精神を持つという風土が出来上がっているのです。

このシェアハウスの共有スペースでは、子供に配慮した設計がなされています。例えば自由にラクガキができるように掃除のしやすい壁紙を使用したり、大きなテレビや、絵本も置かれているので、子供も退屈しないようになっています。また、ベビーカーを収納できるスペースの確保もされているので、子育てをする親にはとことん住みやすい住宅になっています。シングルで頑張っている親御さんは、シェアハウスに住んでみると、負担も軽くなるのではないでしょうか。