シェアハウスのあれこれ

自然と英語を学べる!多国籍の方が住むシェアハウス

近年注目されているシェアハウス。様々な魅力がありますが、住人が多国籍であることも大きな魅力として挙げられます。一時的な住まいとしてや、家具や家電が付いていて安い物件を探している外国の方にとって、シェアハウスはぴったりの住まいです。シェアハウスには個別の部屋とは別に共有スペースが有り、そこでは様々な言語が飛び交うことも珍しくなく、英語講師いらずで英会話を習得することが出来るかも!と期待した方々の入居も多いようです。

学校で習うような英語ももちろん必要ではありますが、日常会話を習得したいと考えている方は、学校や英語学校の英語講師に学ぶよりも実際に日々会話をすることの方が有益です。会話で英語を御許する方々が住むシェアハウスであれば、リビングやキッチンなどの共有スペースで自然と英語で会話をするようになり、日常的に英会話のスキルアップを望むことができます。

もちろんギブアンドテイク、日本語や日本のことを知りたくてシェアハウスを選んだ、という方も多いでしょうから、是非積極的に教えてあげてください。話す時間が限られている英語講師を頼るより、普段から英語に触れられる環境の方が習得は格段に早くなるでしょう。住み心地以上にメリットが期待できるシェアハウス、物件を決める時にどのような国籍の方と一緒に住めるのかも要チェックです。