シェアハウスのあれこれ

賃貸契約のさまざまな形態

実家を出て部屋を借りるときには、さまざまな選択肢があります。多くの人は一人暮らしを選択しますが、シェアハウスやゲストハウスなど、その形態は様々です。ここでは、ゲストハウス、シェアハウス、ルームシェアの3つを比較します。

まずはゲストハウスです。ゲストハウスは、利用する宿泊日数に大きな特徴があります。利用者は、バックパッカーなどの短期の利用を目的とする人が多いです。そのため、短期間の宿泊から利用できます。宿泊施設ですので、敷金などの費用はかかりません。また、短期だけの利用のみではなく、月単位で料金を払うことで中長期の利用ができるゲストハウスもあります。

ルームシェアは、知人同士で一つの部屋を借りることをいいます。入居する前からお互いのことを知っているということに大きな特徴があります。下宿と同じように、賃貸契約を結ぶことになるので、敷金や礼金などは発生します。メリットとしては、費用を二人で分割するので、一人暮らしよりお金がかからないことです。

シェアハウスは、一つの住宅に複数の人が入居する形態の賃貸住宅です。自分の部屋と、住人の交流スペースから成り立っています。メリットは、ルームシェアのように、費用がかなり抑えられることです。住宅の仲介に運営事業者が関わっていることが、ルームシェアとの違いです。したがって、住宅のメンテナンスは、運営会社が受け持つことがあります。