シェアハウスのあれこれ

非喫煙者専用のシェアハウスを使う場合の利点

シェアハウスの良い所には、家賃を住んでいる人達で折半して安く出来たり等ありますが、非喫煙者専用なら他にも利点があります。まずタバコを吸う人が居ない環境なので、煙によるストレスが無くなります。暫く住む事になる場合、ストレスが無い環境は必要で、シェアハウスを安らげる場所に出来ます。副流煙による肺癌や喘息等の病気を気にする場合も、非喫煙者専用か聞いてから入居しましょう。

また、非喫煙者専用なので、シェアハウス内を煙で汚す事がありません。喫煙者の場合、カーテンや壁にヤニ汚れが長い間住むにつれて付いてしまいますが、非喫煙者専用ならヤニ汚れで部屋が黒ずむ事がありません。ヤニ汚れが無いだけで部屋が明るく見えたり、特に清潔感に違いが出てきます。タバコを吸う吸わない以前に部屋をシェアする以上、相手の部屋を汚さないのはマナーになります。

タバコの煙は部屋以外にも干してある洗濯物や服にも当然付きます。大切にしている服がタバコ臭くなったらガッカリする人もいますので、非喫煙者専用のシェアハウスは入居を考える際の目安になります。非喫煙者専用なので、仲間を呼んだりした時もタバコは吸わない様に教えておきましょう。非喫煙以外は普通のシェアハウスと変わらないので、気になるなら入居を検討してはどうでしょうか。