シェアハウスのあれこれ

高齢者向けのシェアハウスが注目を集めています

日本社会は、ますます高齢化して一人暮らしの高齢者の数も急増していくと言われています。一人暮らしとなると孤独死という非常に厳しい現実もあり、今後も高齢化対策が急がれる現状のなかで高齢者向けのシェアハウスが話題になっています。シェアハウスといえば20代から30代の若者世代の居住形態のトレンドと取られがちですが、このシェアハウスの形態はまさに高齢者の生活を支える新しい暮らしの形となってきているのです。

一人暮らしの高齢者にとっては、やはり急病などで誰もそばにいない場合、食事や通院もままならないというのが大きな不安材料になっていると思います。そこに注目したのがシェアハウスです。自立生活が送れる高齢者なら一つ屋根の下で他の高齢者と生活することで大きな安心感を得ることができます。一緒に料理を作ったり趣味を楽しむ時間を持ったり、同居人との生活によってクオリティの高い老後生活が送れるのは非常に理想的だと言えるでしょう。

こういった高齢者シェアハウスは現時点では、まだまだ数は少ないのですが、これから国内の高齢者の数が増加していくなかで、高齢者シェアハウスの需要がますます高まり、さらに増えていくことが予想されます。年金でも、自立して暮らせるチャンスを与えてくれるシェアハウスの存在は、独り身の高齢者にとって大きな心の支えになることは間違いないでしょう。