シェアハウスのあれこれ

高齢者向けシェアハウスを利用するメリットとは

高齢化が進む日本では家族と離れて賃貸の物件で暮らす高齢者の方は決して少ない数ではありません。しかし高齢者の方の場合、健康面などから賃貸の物件への入居を断られてしまうケースも多く、高齢者の住まいの問題というものは社会的な課題となっています。そのような背景の中で近年では高齢者向けのシェアハウスが登場してきており注目を浴びるようになっています。

シェアハウスとは入居者がそれぞれ独立した部屋を持ちながら台所などの共有スペースを複数人でシェアしながら生活をしていくタイプの賃貸物件となります。これまでは若い世代向けのものがシェアハウスの大半を占めてましたが、最近では高齢者向けのものも続々と登場しています。高齢者向けのシェアハウスの特徴は、高齢者の方が安心して暮らせるように階段に手すりが設置されていたり、極力物件の中の段差を減らすなどの工夫がほどこされている点にあります。

また、高齢者向けのシェアハウスでは家族以外の入居者と共に生活をしていくことになるので、入居者同士がお互いの健康状態をチェックできるため、異変に気付きやすくひとり暮らしよりも安心です。さらにはシェアハウスでは入居者同士が支え合うとことで、孤独に陥りやすい高齢者が社会との接点を維持しながら生活していけるというメリットもあります。