シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの電気代などの光熱費の請求はどうなっている?

信頼できる仲間が作れるというメリットで、最近利用者が増えつつあるシェアハウス。共同生活で気になるのが、光熱費の請求です。特に共同生活では、一人一人の生活スタイルが違うと、思いがけない金額になることもあります。共同生活ゆえトラブルはあまり起こしたくないでしょう。シェアハウスの、電気代などの光熱費の請求には、どんな方法があるのでしょうか。

光熱費の請求方法大きく分けるとこのようになります。まとめて請求、部屋ごとに請求、定額(賃料に込みなど)これらは、シェアハウスにより異なるようです。使った分がまとめて請求される場合、割り勘などの支払い方法をあらかじめ話し合っておく必要があります。また電気代が定額のシェアハウスもあります。定額なら、電気を使えないなどの気兼ねもありません。

また一人暮らしと違って、シェアハウスなら冷蔵庫やエアコンなども共有です。電気代などの光熱費は、やはりその分抑えられることが多いです。しかし定額ではない場合、使いすぎて高額になることがあります。最初は失敗も付き物ですが、どうすれば光熱費を節約できるかなどを話し合うことも、ルームメイトと上手くやっていけるコツなのかもしれません。