シェアハウスのあれこれ

シェアハウスでは日用品は共益費に含まれている場合がほとんど

シェアハウスに入居する際には、ほとんどの場合は手ぶらで身一つで入居できるのが大きな魅力です。その物件を複数の入居者でシェアする際には基本的な日用品もシェアすることになります。例えばキッチン用品からトイレットペーパーなど細々とした基本的な日用品はほぼ全て含まれていることがほとんどなので、アパートを借りて一から必要なものを揃えていくよりもはるかに経済的です。

シェアハウスは家賃のほかにも共益費という費用が別にかかります。この共益費はトイレや浴室などの清掃やトイレットペーパーやティシュ、洗剤、食器などの備品も賄われています。ですがシェアハウスによって、共益費に含まれている日用品は違いがあり自分で購入しなければいけない日用品が多いところもあるので入居時にはきちんと確認しておいた方が良いでしょう。

このようにシェアハウスでの日用品は、場所によってある程度の違いがあるものの基本的なものは揃っていることが多いものです。自分で購入する必要があるのは、せいぜい部屋に置いておくティシュペーパーやシャンプー、コンディショナーぐらいのところがほとんどでしょう。また料理の際に好みの調味料があればそれも自分で購入する必要があります。あとはシェアハウスで暮らしていくうちに自分で調達するものと必要ないものの区別が自然についてくるでしょう。