シェアハウスのあれこれ

食事付きのシェアハウスの住みごこちの良さは格別

以前よりシェアハウスという言葉をよく聞くようになりました。趣味が同じ人と集まれたり、今まで知らない世界を見せてもくれるシェアハウス。今はそれに加えて食事付きの物件も増えています。日々かかる食費は意外と生活費を圧迫するものです。給料日前にお金が足りなくなりモヤシやインスタントラーメン、パンの耳で食いつないだとかいう話をたびたび耳にします。

ここで注目したいのが食事付きシェアハウスです。家賃プラス食費をあらかじめ月に一回おさめさえすれば、食費を気にすることなく生活出来るのです。生活費を管理することが苦手な人には助かるシステムでしょう。毎日、仕事や学業、パートで帰宅するとすでに夕飯が用意され、みんなが食堂に集まり一緒に食べれれば、自然と出会いが生まれ会話が弾む環境です。

食事付きシェアハウスのメリットは、人との出会いやふれあいのチャンスが毎日あることです。自炊のシェアハウスでは一人で作って食べて、また自室に戻ってしまうことも多く、なかなかシェアハウスの中の人間関係も築けません。食堂で誰かと一緒に同じ釜の飯を食べれば、次第に一体感を得られるのではないでしょうか。このおかず美味しい、また食べたい、こうしたささいな会話のきっかけも出会いの一歩となるかもしれません。