シェアハウスのあれこれ

シニアでも住みやすいシェアハウスが静かな人気

平均年齢が年々上がっている日本ですが、終の棲家をどこに設定すべきか悩まれている人もかなりいるのではないでしょうか。もちろん老人ホームという選択肢もありますが、年寄り扱いされながら面倒を看てもらうのは嫌という方もいるはずで。そういった方におすすめなのが、シニア向けに特化したシェアハウスです。

こういったシニア用シェアハウスでは、バリアフリーもきちんとなされているので、ちょっと足腰が不安な人でも過ごすのに不便を感じることはありません。また、入居してくるのは同じシニア層の人たちなので、ジェネレーションギャップを感じることも少ないでしょう。身寄りがある場合なら、その家の厄介になることも可能でしょうが、自分の面倒は自分で見たいという人は、シェアハウスであれば、世話を焼かれているという感覚にならずに、お互い助け合うこともできます。

年齢を重ねるにつれて、家で一人寂しく過ごしていると、生活に張り合いがありませんし、気分も塞いでしまいます。しかし、シニア向けのシェアハウスであれば、新しい仲間やもしかしたら新しい恋を見つけることができるかも知れません。若者向けというイメージの強いシェアハウスですが、最近ではピンポイントの客層に向けた物件も増えているので、興味のある方は不動産会社に相談してみてはいかがでしょうか。