シェアハウスのあれこれ

少ない荷物で新生活を送りたい人におすすめのシェアハウス

最近、若い世代を中心に人気爆発中のシェアハウス。「普通の賃貸に比べてどこがいいの?」という疑問をよく耳にしますが、実際的なメリットとして「家具や家電が備え付けになっている」という点があります。賃貸で一人暮らしを始める場合、様々なものを買いそろえる必要があって物入りですが、シェアハウスの場合は一定のものを持ち込めば生活が開始できてしまうので、少ない荷物で新生活を始めたいという方には最適なのです。

例えば洗濯機や乾燥機、冷蔵庫などの大型家電は引っ越しの際にも大荷物になってしまいますが、シェアハウス物件に引っ越すのであれば持ち込む必要はありません。寝具や消耗品、個別に利用する家電などは自分で用意する必要がありますが、あとは衣類や消耗品など、ごく少ない身の回り品があれば大丈夫です。旅行でホテルに滞在する際に必要なもの、必要でないもの(備え付けのもの)を考えるとイメージが浮かびやすいでしょうか。

このように、少ない荷物ですぐに新生活を始めたいという人にシェアハウスはおすすめです。ただ、共有スペースに自分の荷物を置きっぱなしにしない、備え付けの家具や家電や食器道具類などは丁寧に利用するなどシェアハウス特有の細かいルールもあります。自分の持ち物と共有物の管理はきちんと行わないと、トラブルに発展しやすいのでよく気を付ける必要があります。皆が気持ちよく暮らせるよう、気遣いを欠かさないように注意しましょう。