シェアハウスのあれこれ

若者だけじゃない!高齢者向けのシェアハウス

シェアハウスというと、20代や30代など若い年齢層の人たちの集う家というイメージが一般的ですが、同じようなコンセプトで一人暮らしの高齢者のために作られたシェアハウスも急増しています。核家族化が顕著になっている現代では高齢者の一人暮らしの安全面などが問題になっています。そういった問題を解決するのに役立ってくれるのが高齢者向けのシェアハウスということなのです。

高齢者のシェアハウスのメリットは、一人暮らしのお年寄りが体が弱っているけれど、精神的にはまだまだ元気という場合は他の高齢者と共同生活を送ることによって常に脳の刺激になり、認知症などの予防にも繋がるということがあります。そして常に入居者同士の目が行き届くことで孤独死といった重大な問題も避けることができるのです。寂しく一人暮らしをしているよりも、賑やかなシェアハウスのでの生活は間違いなく高齢者の日々の生活に活気と潤いを与えてくれることでしょう。

高齢者のシェアハウスは入居の前提は、やはり心身ともに健康であることが重要なポイントになります。そして積極的に掃除や料理などの役割分担にも参加することも大切になります。入居者同士で趣味の交流などもできるので一人暮らしをしているよりもはるかに充実した毎日が送れるのです。老人施設入居はまだ早いという高齢者にはシェアハウスは一つの良い選択肢になることは間違いありません。