シェアハウスのあれこれ

たばこの煙が嫌いなら非喫煙者専用のシェアハウス

シェアハウスで共同生活を送るからには、住人の生活スタイルや人間性の部分においてお互いに多少の譲歩が必要になります。分かりやすくするためにルールとして明文化しているシェアハウスもありますが、住んでみてトラブルになりやすいのが喫煙で、シェアハウスの中にも分煙に取り組んでいるところや非喫煙者専用のハウスなども用意されています。

現在運営されているシェアハウスの多くでは、ハウス内のルールとして禁煙と決められているところはありますが、分煙は各自の配慮の中で行われているのが実情でもあります。ただ普段からたばこを吸わない人にとっては喫煙者のたばこの煙は気になってしまうこともあり、非喫煙者専用のシェアハウスを作ることで、たばこを吸わない人が快適に暮らすことのできる空間を提供しているところもあります。

都内では公共の場所を中心に喫煙可能な場所やスペースが限られていることもあり、シェアハウスにおいてもさまざまなコンセプトを持ったハウスが出てきているため、非喫煙者専用のシェアハウスなど分煙や禁煙に向けた取り組みが進んでいく可能性もあります。たばこの煙が気になってしまう方は、このようなコンセプトを持ったシェアハウスを中心に探してみることで、自分に合った生活環境を探し出すことも可能です。