シェアハウスのあれこれ

プライベートに配慮された個室付きのシェアハウス

シェアハウスの弱点は開かれ過ぎてプライベートな空間がない所、などといわれたりもしますが、シェアハウスに住んでいてもプライベートを持つことは可能です。他人との交流を楽しみつつ、最低限のプライベートは確保したいという時は、個室付きの物件に絞って検索を行っていきましょう。規模の大きな物件なら、広いスペースを個室として確保することもできるはずです。

個室制のシェアハウスであっても、リビングルームなどの共通スペースがあれば、シェアハウスらしい交流を十二分に楽しめます。ワイワイ賑やかにしたい時にはリビングスペースに陣取り、1人になりたい時には個室に行くというような、気分に合わせてのハイブリットな生活スタイルを築けるのが、個室付きハウスの良い所です。プライベートな空間を持つことで、他者との交流もより楽しくなります。

個人スペースはあるけど個室はない、という微妙な立ち位置のシェアハウスもあります。くつろげるプライベートなスペースが欲しい時は、契約する前にきちんと物件の見学を行っておき、理想の1人の空間がそこにあるのかを確かめておきましょう。プライベートスペースが増えるほど、家賃は高くなる傾向にありますので、予算オーバーにならないように注意です。