シェアハウスのあれこれ

シェアハウスなら持ち物少なく手軽に引っ越し可能

一人暮らしをスタートする方や、単身赴任の方、一時的に実家から離れて暮らす方などが利用する住まいに、シェアハウスという選択肢があります。一つの家を複数人で使用するシェアハウスは、生活していくための様々な負担を抑えることができるだけでなく、引っ越しの持ち物として当たり前に必要となる家具や一部の日用品や消耗品がすでに用意されているため、大掛かりな引っ越しを必要としないという利点があります。

キッチンを共有するシェアハウスでは、冷蔵庫や電子レンジと行った家電製品はもちろん、フライパンや菜箸など調理器具までシェア用品として用意されているところもあります。また塩、胡椒、醤油といった基本的な調味料が常備されていることも。意外と荷物になる細々としたキッチン用品を引っ越しの持ち物に含めなくてよいため、より身軽に引っ越しが可能になります。

このような日用品は管理会社が管理しており、消耗品に関しても管理費から賄われ、自分で用意する必要がありません。一人暮らしのために消耗品を一から買い揃えると、それだけで持ち物が多くなり部屋のスペースを圧迫してしまうことも。シェアハウスならこれらも共有スペースに収められているため、自分の部屋は自分の持ち物だけで専有できます。