シェアハウスのあれこれ

シェアハウスで楽しめるギターと歌と楽しい宴

シェアハウスには様々なタイプの人が集まります。「家賃を節約したいから」というよくある理由から、「毎晩みんなで楽しく騒ぎたいから」といったアウトローな人間も多くいます。中でもギターを片手に生活している人も珍しくはありません。今回の記事では、「一人暮らしは寂しくて耐えられない」そんなあなたに読んで頂きたい内容になっております。

シェアハウスの一番の醍醐味は、「ただいま」と「おかえり」が言えることです。リビングをシェアしている場合がほとんどですので、誰かがリビングに居れば「おかえり」と言ってもらえます。そのままの流れでリビングにいたい人だけで夕食を囲んだりします。そこで登場するのが「音楽家」です。ギターを弾く人もいれば、歌いだす人もいます。もちろん参加したくなければ、個室に戻れば良いのです。誰かに会いたい時に会えるだけでなく、音楽を楽しむハッピーな空間がすぐ近くにあることは大きなメリットです。

ギターを持っている人が一人でもいると、その魅力に影響を受けて、ギターをゼロから始めるシェアメイトが生まれることがあります。そうやって新しい展開になるのもシェアハウスの面白さです。ギターだけじゃなく、ダンスが得意な人、絵を描く才能に長けた人、アクセサリー作りが趣味の人いろんな人のいろんなスキルが入り混じり、刺激を与えあえる点も、シェアハウスの人気の理由です。ひとりは寂しいしつまらない、どんどん人と関わって交わっていきたい、そんな人にシェアハウスはおすすめです。