シェアハウスのあれこれ

プログラミングが学べるシェアハウスがある!

シェアハウスは、単に複数人で一つの住宅をシェアするだけではありません。独特のコンセプトを持つシェアハウスが増えており、中にはプログラミングを学べるシェアハウスがあります。住人は、現在プログラミングを学んでいる方や、プログラミングを生業としている人です。共有スペースを利用して、シェアハウス自体を学びの場として利用しています。

また、住人だけの意見交換を行うだけでなく、専門家を呼んでプログラミングに関するワークショップやセミナーなどを開催するシェアハウスもあります。シェアハウスの管理会社主催であったり、住人自ら手配することもあります。住人だけでなく、シェアハウスやプログラミングについて興味があるという方でも参加できるものがあるので、入居を考えている方は参加してみると良いでしょう。

学びたいプログラミング言語を使用している方・勉強中の方が多いシェアハウスなら、より身になる学びが得られるでしょう。入居を考えているシェアハウスが、このような強いコンセプトを持っている場合、これにそぐわない人が入居すると住みづらく感じてしまうことがあります。入居条件に特別に記載されていない場合もありますので、管理担当者や現地見学でしっかり確認しておきましょう。