シェアハウスのあれこれ

快適さを重視するなら自由度の高いシェアハウスがおすすめ

他人との共同生活は気を遣うことも多そうだと、シェアハウスに対して苦手意識を持っている方も、少なからずいらっしゃるかもしれませんが、シェアハウスイコール他者との交流を強いられるというわけではありません。大人数で一つの家族のように暮らす、完全共同生活型のシェアハウスもあれば、交流は最低限にしか行われないタイプの、自由度の高いハウスもあります。

イベントごとに引っ張り出されたり、勝手に役割分担を決められたりして、プライベートが制限されてしまうのは嫌だ、という人は住民同士の交流の少ないシェアハウスを選べば解決です。個人個人の自由が守られた、共有スペース少なめのシェアハウスなら、他人の目をほとんど気にせずに、マンションやアパートに住んでいるような気分で使用することができます。

自由度の高いシェアハウスであっても、住民同士、仲を深めることは可能です。1人でいるのが寂しい時には、共有の場所にいれば、完全に1人にならずに人の気配を感じながら過ごすことができます。ただの隣人ほど遠くなく、同居人ほど近くもない、適度な距離感で他人と接することができることが、シェアハウスの利点です。互いの自由を尊重することで、快適な空間が作られます。