シェアハウスのあれこれ

シェアハウスに住む場合のプライバシーはどうなっているの?

シェアハウスは、言ってみれば4、5人から多い時では10人以上もの他人同士が共同生活をする場です。ですから入居する際には、プライバシーをきちんと保つことができるのかどうか気になる人も多いと思います。シェアハウスはキッチンやリビングなどの共有エリアは常に誰かがいる状態ですからプライバシーはありませんが、部屋に入るとそこは、しっかり自分1人の時間を過ごせるようになっています。

シェアハウスによっては1人部屋の個室タイプと2人以上のドミトリー形式の2種類がありますが、完全なプライバシーを望むのであれば、やはりドミトリータイプよりも個室のお部屋を選んだ方が無難です。集団で生活をしていると、ひとりぼっちではないので気持ち的に寂しさを感じないので嬉しいという人もいます。でも常に誰かがいる状態では心も疲れてしまうのではないでしょうか。

シェアハウスの中でもたまには静かに音楽を聴きながら自分だけの時間に浸りたい、という人は個室を選ぶことで解決しますが、もしもいつもなるべく1人の時間をゆっくり過ごすことが好きな人にはシェアハウスでの生活は、個室を借りていたとしてもプライバシーの問題でストレスが溜まってくる可能性はあります。ですから入居する時には、自分がどこまでプライバシーを重視するかを今一度じっくり考えることが大切です。