シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの広さってどんな感じ?

シェアハウスを選ぶ際に気になるのが広さ。それも、様々な部屋の広さが気になる事と思います。例え、家賃が安くても、あまりにも狭いシェアハウスの場合、言うまでもなく住みにくくなります。反対に広い場合、家賃が予算オーバーしてしまう事も。その為、予算を考えた上で、どの程度の広さを自分が望んでいるのかと言う事を考える必要があります。

まずは、個室。個室は一般的に5畳や6畳程度が主流となります。一見、十分に思える広さですが、シェアハウスの場合、すべての個人の持ち物を個室に入れる必要があります。その事を考えた場合、荷物が多い人にとっては手狭に感じてしまう事も。そう言った事も踏まえ、個室の広さを考える事をお勧めします。また、その際、クローゼットなどの収納の広さも要チェックです。

次にリビングなどの共用スペースの広さです。シェアハウスの場合、一般的には広めになっている共用スペース。しかし、中には手狭な作りになっている事もあります。その場合、入居者が一気に集まるとストレスに感じる事も考えられます。その為、少し広すぎるかな?と思えるほどのスペースを確保しているシェアハウスを選んでおくと安心です。このようにシェアハウス選びを行う際は、広さにも注意する必要があります。