シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの内見では何に注目すると良い?

シェアハウスも一般の住宅と同じように、入居前に内見することが可能です。その際に真っ先にチェックすべきなのは、共用部分や自室が清潔で快適に保たれているか否かです。特に多くの人が利用する共用部分は傷みやすく、お風呂やトイレの一部が壊れている可能性もあるため要チェックです。また、天井部分にも注目し、水漏れや雨漏りが起きていないかも見ておきましょう。

そのシェアハウスにどんな人物が入居しているのかも内見の際に確認して下さい。もし共有部分にシェアハウスの住民がいたら、積極的に話しかけてどんな人が住んでいるのか質問してみましょう。暴力的な人がいないかどうか、ルールを頻繁に破って迷惑をかける人がいないかどうかなどを事前に聞くことが出来れば、入居後に住民の問題で後悔するリスクを減らせます。

長く生活するシェアハウスですから、設備についても内見で確認しましょう。消火器が設置され、火災報知器などが正常に配置されているか否かや、地震対策が進んでいるかどうかもチェック項目の一種です。また、玄関の鍵が万全でセキュリティ対策が進んでいるかという点にも注目すべきで、自室の鍵がしっかりとかかりプライバシーを守れるお部屋かどうかも必ず確認して下さい。