シェアハウスのあれこれ

社会人一年目にシェアハウスでスタートしてみては?

社会人一年目、実家を出てはじめての一人暮らし。夢にあふれて賃貸物件を探しはじめると、その引越し費用、家具家電を買い揃える費用などに驚くことも少なくありません。自分一人のこととはいえ、暮らしていくには家電や消耗品を一式必要とします。初任給でこれを賄うのはむずかしい、そんなときにおすすめしたいのが、シェアハウスです。

シェアハウスは一つの物件を数人から数十人でシェアして住む、新しい住まいの形です。社会人の方も多く利用しています。家を一つ一人で借りるとなると相当の負担を強いられますが、シェアハウスであればある程度その負担を抑えられます。洗濯機や冷蔵庫などが共有スペースにあり、更に部屋にはキャビネットやデスクなどが用意されているため、これらを新しく購入する必要がありません。

シェアハウスにより用意されている家具、家電、消耗品などは異なりますが、基本的なものはほとんど揃っていることが多く、身の回りの持ち物だけで入居することができます。社会人一年目、自由になるお金を少しでも多く持っておきたいと思う反面、一人暮らしにかかる費用が重くのしかかりストレスになることも。シェアハウスを利用して余裕のある生活で仕事をスタートしませんか。