GUEST HOUSE OSAKA を もっと知ろう!

シェアハウスでの生活やイベント情報を、facebook・twitter・Instagramでチェックしよう

シェアハウスのあれこれ

DSC_1141

2016.07.28シェアハウスで生活する時に気を付けること

シェアハウスで生活するということは複数人の他人と生活を共にするということです。その際に気を付けなければいけないことがいくつかあります。一人の生活とは異なり、共同生活なので、そこにはルールが存在します。もちろんみんなが入居した日がバラバラなので、先に入っていた人が守っているルールを後から入って来た人も守るというスタイルになります。そのためにシェアルームに入る時には、どんなルールがあるのか、またどんなことに注意をして生活をしてかなければいけないかということをしっかり把握して、守らなければいけません。次に気を付けなくてはいけないことは、シェアルームはお互いに配慮しながら生活をするということです。例えば夜遅くの騒音は避けるとか、それぞれの個別の領域には入らないといった基本的なマナーは守り、仲が良くてもお互いに節度を守った態度をとることが一緒に生活をするうえで大切なことです。
あとはプライベートの時間と一緒に過ごす時間を区別するということも大切です。常にだれかがいるために共同生活は疲れるという人もいます。しかし一緒に過ごす時間とプライベートを重視する時間をしっかり区別すると共同生活でも快適に過ごせるようになるのですね。その時間の取り方がシェアルームの良さを左右することもあります。

DSC_0120

2016.07.26シェアハウスを利用する前に確認する事

シェアハウスは一つのハウスを複数の人数でシェアをして生活をする居住形態の事を言います。そのため賃貸マンションよりも家賃が安くなったりするので経済的なメリットがあります。しかしシェアハウスを利用する前に確認しなければいけない事もあるので見ていきましょう。シェアハウスを利用する前にまず個室の状態がどうなっているのかを確認しておきましょう。特に確認しておきたいのは鍵が付いているかという点と壁の厚さがしっかりしているかという点です。シェアハウスは物件によって個室に鍵が付いている物件と付いていない物件があります。個室に鍵が付いていないと他の人に入られてしまったり時には盗難されてしまう可能性もあります。また壁の厚さ物件によって厚かったり薄かったりして壁が薄いと他の人の生活音などが聞こえてきてしまいます。そのため個室に鍵が付いている点と壁の厚さがしっかりしている点はしっかり確認しましょう。
シェアハウスにはその物件のルールが決められている事があります。自分の生活スタイルにそのルールが適していれば問題ないのですが、適していないと生活するのにすごく不便を感じてしまいます。時には理不尽なルールもあったりするのでシェアハウスのルールというものはしっかり確認しておきましょう。

DSC_6548

2016.07.24海外での韓国人10人!!

高校を卒業後、大学受験も済み、第一志望の大学に落ちてしまった私。滑り止めの学校に行く気も起きず、どうしようかと毎日ぽけぇ~っと過ごしていました。そんな時に、親から「海外留学して来れば?」と話をされ「みんなと違うことしてたほうがカッコいいよね」と軽い気持ちで海外行きを決めてしまいました。向こうへ行ってからの2か月はホームステイをしていましたが、シェアハウスで生活をしてみることにしました。インターネットで検索するとたくさんの物件が出てきました。オーストラリアではシェアハウスはスタンダードな生活のスタイルなので抵抗もなく一つの物件に応募し、生活することが決定しました。
初めてその家を訪れると、出るわ出るわ、韓国人の男性が10人も出迎えてくれました。さすがに面食らってしまいましたが、オーロラタワーというマンションの54階だったので、我慢して生活することに。いざ生活をしてみると、やはり文化の違いを感じました。冷蔵庫に入れてある日本食もすべて食べられてしまいましたし、お風呂場に置いておいた日本製のシャンプーも、みんなの共同品のように扱われてしまい、3日ほどで空になりました。また夕方になると、みんなで筋トレを始めだします。徴兵令が韓国はあるので、そのためにトレーニングは欠かさないらしいです(笑)しかし韓国人の日本に対するイメージを知れたり、韓国の文化に触れてとても良い経験になりました。

DSC_4016

2016.07.22シェアハウスのターゲット層

シェアハウスのターゲット層はコンセプトにもよりますが、その殆どは女性になります。全体の6~7割は女性になるようです。都会に出てきて取りあえず、生活費を節約したい目的でシェアハウスを選ぶ人もいます。日本人と外国人の割合は半分程度です。日本人に人気が無くても外国人に人気のある立地ですと外国人の割合が多くなります。その中でも旅行者よりもワーキングホリデーで日本に来られている方が多く住まれています。期間は1年程度の日本の滞在で一つの物件を借り、生活用品を購入して揃え、又破棄して帰国するよりは元々家具家電が揃っているシェアハウスが重宝される訳です。又、ドミトリーのタイプの部屋を借りればもっと安く家賃を節約する事が出来ます。保証人も不必要と言う事から人気が出ました。
又、日本のシェアハウスに滞在したワーキングホリデーの方が帰国した後に友達やこれから日本に行こうとしている方に自分の住んでいたシェアハウスを紹介する事で外国の方が前例があると言う事で安心して来日する事が出来るようです。そこも又ワーキングホリデーの方にシェアハウスが人気になる所以です。シェアハウスを管理している会社は他にも数か所の物件を持っている事が多いです。

DSC_3907

2016.07.20シェアハウスに住む理由とは

最近若者はシェアハウスに住むようになってきています。シェアハウスはメディアなどで取り上げられてから、若者の間で人気になったのです。ではシェアハウスに住んでいる人は、なぜシェアハウスに住んでいるのでしょうか。一番多い理由は、出会いを求めてからシェアハウスに住んでいるということです。やはりなかなか異性との出会いがないという人はシェアハウスに住んでから、そのシェアハウスに住んでいる異性と仲良くなることを目的にしている人が多いのです。
シェアハウスで仲良くなってから結婚までいった人はたくさんいるので、出会いを求めてからシェアハウスに住むというのは良いかもしれません。次に多い理由は、シェアハウスに住んでから、多くの人とワイワイ過ごしたいということです。やはりシェアハウスは他人と過ごすので、毎日がお祭り状態なのです。だから、楽しい生活を毎日送っていきたいという人はシェアハウスに住んでいけば良いでしょう。3つ目は、シェアハウスで共同生活をしてから協調性を身につけたいという人です。やはりシェアハウスというのは、他人と協力しなければ生活できません。シェアハウスで生活していけば、みんなで協力していく力が芽生えてくるのです。

シェアハウスのあれこれ一覧へ

Top